ヨーロッパ5カ国を巡るおいしく明るい FOOD JOURNEY「0円キッチン」

人口が増え食糧危機が危ぶまれる一方で世界で生産される食糧の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。 食糧を余らせて、廃棄している国は世界中でも限られ日本、アメリカ、ヨーロッパの国々。 「0円キッチン」はそのヨーロッパ5カ国で捨てられてしまう食材を調達し美味しい料理に変身させる「食糧危機を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー」 監督も兼ねるダービッドは植物油で走れる自ら改造した車にゴミ箱で作った特製折りたたみキッチンを取り付けそして5カ国へ。廃棄食品を次々に美味しいお料理に変えていきます。 ・オーストリアのレストランで名物「ヴィエナ・シュニッツェル(日本のとんかつのようなもの)」を揚げた廃油をゲットしてスーパーマーケットの廃棄食品で料理を作り ・ドイツでは一般家庭の冷蔵庫で賞味期限切れ食品や捨てようと思っていた食材で3品のコース料理 ・ベルリンでは町に自生する果物でジャム ・ベルギーでは欧州議会食堂の廃棄予定食品を別の料理にアレンジ。これには職員も驚き食糧廃棄抑制に理解を。 ・フランスでは海に捨てられてしまう混穫魚でブイヤベース。 ・オランダではなんと!昆虫で肉団子&クッキー。これが子供達に大好評(笑) 大事なことは賞味期限に惑わされず自分の舌で安全かどうかをジャッジして「知恵」「工夫」を施すこと!!食糧難の時代を知っているドイツのご夫人の「知恵」という言葉が印象的です。 日本でも「食糧製造会社」「食糧卸・輸入会社」から出る余剰食糧を引き取って十分に食糧が行き渡らない自治団体や各施設へ「食の再分配」の動きが数年前から始まっています。 無駄にしない

お野菜、お肉、お魚まで。こだわりの食材をいただける 代々木上原「offf」

大好きなカフェやお世話になっているジュース&デリのthe6marketさん、マクロビオティックの和菓子さんなどヘルシー&ナチュラルなお店が並ぶ代々木上原にまた嬉しいお店が昨年オープン! ヘルシーで美味しいものが好きないつものメンバーでお邪魔したのは Organic、food、flower、fashionの頭文字を取った「offf」さん。 メインはもちろんfoodで全国の有機野菜や契農家さんから取り寄せたお野菜、京都の平飼い卵、有機ビーフやポーク、魚は天然ととこだわりの食材を提供してくださいます。 何を食べようか!?目がきょろきょろ?シバシバ(笑)しちゃうけど素材が間違いないし、何を選んでも安全なのが嬉しい♩ スタートはお店の看板メニュー「本日の有機野菜のディップサラダ」と「シーザーサラダ」をチョイス。 10種類以上のグリルされたお野菜&3種類のディップと大皿に盛られた新鮮なグリーンリーフとマッシュルーム、ベーコンにポーチドエッグ。 ゆるファスティング中とか言っておきながら、それでも控え目にお酒をとオーガニックのお肉を少しいただきました。 翌日もたれた感がないのもオーガニックビーフ&ポークの特徴ですね、あと臭くないの(笑) その他スパイスが効いた薬膳カレーのようなプリプリエビのカレーをいただきました。 メニュー数は多くないけれど、どのメニューも1つ1つボリュームがあって拘りが感じられる。 お店の雰囲気も落ち着いていて居心地よかった♡シェフもスタッフも女性だけ、尚更応援したくなります! お店では調味料や有機野菜の販売も。 お花屋さん「TRUMP FLOWERS」さんが併設されていま

ジュースを通じて世界中の人々を幸せにする 千駄ヶ谷「DAVID OTTO JUICE」

先日、散歩がてら入ったジュース屋さん「DAVID OTTO JUICE」。 「DAVID OTTO 」という店名は、1975年サンタモニカブルーバードに「Beverly Hills Cub」をオープン。 現在は店名を「Beverly Hills Juice」と改名しをハリウッドの元祖コールドプレス人ジュースバーを構えるDAVID OTTOさんのフルネームをいただいたものだそう。 冷蔵庫のような寒い部屋で野菜や果物を微細にカットし粉砕した状態にした後、特別な布に包んで約2tの圧力でプレスして絞り出すコールドプレス製法。 他のジュースの生産方法と比較してもコールドプレスジュース製法は熱処理を加えないため、酵素やビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に摂取可能で食物繊維を取り除くので消化に負担がかからず生野菜では食べきれないくらいの量の栄養分が1本のボトルに詰まっています。 今や都内ではあちらこちらにコールドプレスジュースバーがありますが40年以上前にジュースを作っていたとは! 私は5種類の緑葉野菜1キロが詰まった「MIXED GREEN(473ml)をチョイス!ほんとに葉野菜が濃厚に詰まってる!! いつもよりゆっくり時間をかけていただき、飲みきれなかった分は翌日林檎をプラスしてスムージーにしていただきました。 使っているボトル、ストローやカップも石油関連商品を使わず、二酸化炭素の排出も考慮するなど環境に害の少ないものを使用。 人の体に優しく、地球環境にも優しい、ホリスティックなジュースがいただけます。 DAVIDさんは健康の秘訣を「何を食べるかではなくて、何を食べないかだ」と語っている

最新記事
カテゴリー
アーカイブ

Copyright@ 2020  RAW JOURNEY All Rights Reserved.