​ファイトケミカル

Phyto chemical(ファイトケミカルまたはフィトケミカル)、最近よく聞くようになりましたね。

ギリシャ語で「ファイト」は『植物」、「ケミカル」は『化学物質」の意味で、つまり『植物性由来の化学物質」を指します。

植物が紫外線による酸化や自然界にある放射線、虫などの外敵から自分自身を守る為に放つ香りや色素、アクなど苦味、辛味の成分で「葉」「花」「実」「茎」「樹皮」などに含まれます。

1980年代頃からアメリカで始まったがんを予防するための食品研究で発見され種類は確認されているだけで1000種類以上とも。抗酸化作用、抗がん作用、デトックス作用が期待できると言われていています。

ファイトケミカルは大まかに、ポリフェノール類、カロテノイド類、イオウ化合物に分類されます。

ファイトケミカルを多く含む果物やお野菜はできるだけホールフードでいただき、活性酸素の抑制や病気予防に役立てたいですね。

そのためにも様々な種類の果物、お野菜、スーパーフードを毎日いただきましょう。

Note Top

Copyright@ 2019 RAW JOURNEY All Rights Reserved.