あまくない砂糖の話

レッスンでお伝えしている「糖」。

どう体と心に影響するか分かり易く、楽しく理解でできる映画が今年日本でも公開された「あまくない砂糖の話」。

毎日ティースプーン40杯(160g)の砂糖を摂取したらどうなるか、監督みずからの身体で実験したドキュメンタリー。体がどうなるか、心がどうなるか。

それは想像通りだったので驚かないけど(トライした人は心の変化に驚いたみたい)160gの砂糖、糖質なん摂ろうと思ったら摂れてしまうこと。

ヨーグルト、シリアル、飲料水、健康志向と謳う飲料水、ドレッシングや調味料。モチロン、スナック菓子からスイーツまでありとあらゆる加工品には甘味料、人口甘味料が使用されている。

一般的にはなんだかんだ毎日、毎食積み重ねていることを改めて実感。

ディビット・ウォルフがスーパーの真ん中にあるものは加工品と言っていたけど、本当だ〜!! このエリアに陳列されているものには手を出さないこと。近づかないことが自分を守る1つの策かも。

無責任で儲けだけの食品会社のマーケティングに乗せられ、健康な心と体を奪われないためにもスーパーに言ったら壁側をぐるりと回って帰ろう(笑)

糖に限らず選択が必要な時代に生きている私たちですね。

最新記事