実家でレッスンのような会話。知らなきゃよかった!?

実家でレッスンのような会話

実家滞在中なうですが「朝ごはんは果物」が認知され母が寝る前に林檎を冷蔵庫から出しておいてくれたり、カットしてくれたりと、至れり尽くせりライフです。

ごはんが用意されるってありがたいですね。

そんな朝ごはん用の林檎はさて置き、目の前にあったみかん、少し時間を置きバナナを食べて…林檎は昼に食べる。と言ったら…

そんなに果物食べて太らないの?果物だって果糖あるんでしょ?といい質問。

「果糖、果糖ってね。果糖は太る、良くないって言うけどね」とテーブルの上にあった酢こんぶを手に取り原材料名を見ながら果物の果糖と添加物の果糖は違うからと説明。

なるほどね〜ととりあえず納得。

「うちの孫たちまずいね〜」と頭を抱えております。

が、ドレッシングや調味料、見渡すとこちらもまずいよ、ヤバイよ←(昭和の使い方のほうね)。

果糖はお菓子や菓子パンだけに使われてるんじゃないんだな。

「あなたに言わせると食べるものないじゃない〜!」

「あるじゃん、まるごと果物」

ってレッスンのような会話。

母がぼやくように(笑)食べるものないじゃない〜。

私も10年以上前に、キャー知りたくなかった、カップ焼そば、缶チューハイ、もう食べられない、飲めないって思ったけど今思うと知れて良かった♡

ずっとこの体で生きて行くんだから自分のこと自分で守らないと。

知っていれば自分以外の人にも伝える守ることも出来るし。

ジャンクなものだって時には食べてるけど非日常。

野菜、果物しか食べないわけじゃなく、選択肢、食べ方の組み合わせもある。

それを楽しみながら、

何より自分が健康でいつでもご機嫌で居られるのが心地よい。

実家レッスン、ついつい口出ししたくなっちゃうネタが尽きないっ。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright@ 2020  RAW JOURNEY All Rights Reserved.